住み替えのため一戸建て住宅を売るケース

 

一戸建て住宅の売却・査定まるわかり!家を高く売却するには?

 

一戸建てに住んでいて、住み替えをするために売ることを考えている場合には、色々な工夫をすることで、売却の成功確率が高くなるものです。ただ売りに出しただけでは、なかなか物件の魅力は伝わらないものですので、さまざまな工夫をして魅力を伝えていくことが大切と言えます。

 

一戸建て売却でできる工夫で基本的とも言えるのが、住まいの掃除です。内覧に来た人にとって、家がどのぐらいきれいかというのはとても気になる部分であり、きれいであればあるほど嬉しいものです。

 

一戸建ての場合には、玄関の前に庭がある物件もありますが、まずはここがきれいであれば、安心して家の中に入っていくことができるでしょう。

 

そして、家の中においては、隅々まできれいにしておくのはもちろんですが、スペースによって特別な工夫をしておくことも大切です。
例えば、家の中に入って最初に視界に入ってくる玄関部分の状態を整えておくことができれば、良い形で家の中の内覧をしていってもらうことができます。

 

玄関といえば、土埃や泥などが目立つことがありますから、きれいに掃除をしておくのはもちろんですが、靴がたくさんある場所でもありますから、においが気になってしまうことがありますので、十分注意が必要です。

 

いくら見た目を整えたからと言っても、不快なにおいがしてしまったら印象は良くありません。そういった意味では、においがしがちなキッチンのシンクやトイレ、浴室などの水まわり部分の状態の整え方にも注意を払っておくことが大切だと言えるでしょう。

 

また、もう一つ覚えておくと良いポイントが明るさを取り入れるということです。

 

これは、内覧者に対して明るく感じの良い対応を心がけるということもそうなのですが、部屋の中の電気をしっかりとつけて、明るい状態で家の中を見てもらうということでもあります。

 

こういったことをしておけば、一戸建ての魅力が伝わりやすくなって、売却を成功させやすくなることでしょう。

 

>>>マンション売却の相場を知る

 

 

一戸建ての査定価格について

 

一戸建て住宅の売却・査定まるわかり!家を高く売却するには?

 

一戸建て住宅を売る場面では、依頼を行った不動産会社によって査定価格が決められることになります。場合によっては一戸建て住宅の所有者の意見を取り入れることもありますが、一般的には不動産会社の専任スタッフによって価値が決定されています。

 

その方法としては、いくつもの要素が合わさっていることになり、簡単に判断することが難しいものとして取り扱われています。その背景には不動産物件の場合では全てが一品物として考えることができ、尚且つ生活用品のように簡単に売買できるものではないことから、慎重に査定価格が判断されることになります。

 

基本的な内容では路線価や地価公示価格などを参考にして土地の価格を算定する方法が用意されています。通常では坪単価によって決められている内容があり、面積の広い土地であればそれだけ高い価値が付くことになりますが、一戸建て住宅の場合では土地の上にある建物にも価値を見出すことを行っています。築年数や間取りなども影響することになりますが、周囲で同じような物件が売買された際には、その価格を参考にすることも基本的なこととして行われています。固定資産税などを参考にして資産価値を判断することも行われていますが、多くのケースで一般的な流通価格として販売されている実例を見ながら決めることが多い傾向にあります。

 

新しい住宅でも土地の価値が低い場合では、その地域に根付いた価格設定が行われていることになり、逆に古い一戸建て住宅であっても、土地の価値が高い場所に建っている場合では、高めの査定価格が提示される場合も見られます。周囲の環境が大きく影響する場合もあります。

 

例えば将来的に発展することが決まっているような場所で、便利で人気のあるエリアになるような場所であれば、一戸建て住宅の価値が高まることになるので、売る際には高値が付けられる可能性が大きくなることも一般的です。このように一戸建て住宅の価値については、様々な観点から決められることになり、素人では判断することが難しい内容でも不動産会社では適切に対応していることになります。

媒介契約とは??

 

一戸建て住宅の売却・査定まるわかり!家を高く売却するには?

 

一戸建て住宅を売りに出そうとした場合、はじめて売りに出す場合には媒介契約と言う言葉を覚えておいた方がいいでしょう。不動産会社との間で媒介契約をすることになります。媒介契約とは売り主と買い主の間に不動産会社が入って仲立ちをするということです。一戸建て住宅のような不動産を売るときには普通は一人で行うことは難しいのは言うまでもありません。素人が見ず知らずの人を相手に数百万円から数千万円もするものを売ることは普通はできないのです。そこで、不動産の専門家である不動産会社にお願いをして媒介に入ってもらいます。

 

媒介契約をするときにはいくつか取り決めをしなければなりません。契約である以上決まりがあるのは当然です。具体的には、どんな物件を依頼するのか、売買契約期間はいつまでに行うのか、不動産屋の宣伝方法はどうするのか、そして不動産会社に支払う仲介手数料はいくらかという点です。これらを軽視する売り主もいますが。これらは契約に関する重要な内容になりますので、重視しなければなりません。もし、この点についての説明がいい加減だったり説明を省いてしまうような不動産会社とは取引はしないほうがいいでしょう。なぜなら重要事項の説明について触れない不動産会社は売り主を軽視しているからです。不動産が売れて仲介手数料さえ取れればいいと考えているような不動産です。自分の売る大事な一戸建て住宅をそのような不動産会社に任せておいていいのかということです。

 

媒介契約をする場合に悪質な不動産会社もいるため注意が必要です。99パーセントは適法な不動産会社でも1パーセントは悪質な不動産会社が混ざっているのです。よくある例は、仲介手数料を必要以上にとろうとする会社です。仲介手数料とは媒介をしたことに対する手数料で、売り主が不動産会社に払うものですが、これについては上限が決められており、それ以上の手数料をとってはいけないということになっているのです。

一戸建て売却における不動産会社選び

 

一戸建て住宅の売却・査定まるわかり!家を高く売却するには?

 

一戸建てを売りたい場合、やはり少しでも高く売却したいものです。しかしそのためには一般中古住宅市場の相場やお住いの地域の需要など複雑な要因を少しでも理解しておく必要があります。そしてなによりも大切なのが一戸建てを売るための仲介業者の選定です。

 

一戸建てを売るとなると権利関係や価格の妥当性の判断、売却先を見つけられるかなどを個人で行わなければならないため売却までの時間と労力は非常に多忙を極めます。さらに不動産取引の知識や経験が乏しいと買い手の不安を増長するものとなってしまいます。では一戸建てを売るためには大手不動産会社に任せるのがよいのか、あるいは地域密着型の業者に任せるのがよいのかそれぞれにメリットとデメリットがあります。

 

大手不動産会社を選んだ場合は全国に支店を持っていることからネットワークによる情報網は広く、それだけ多くの買い手を紹介できるメリットがあります。またCMや広告等で聞いたことがあるとそれだけで安心感を得たような気持になってしまいます。

 

大手不動産会社の社員教育もしっかりされているため、清潔感のあるオフィスに元気のある担当者が揃っているケースが多いです。反対にデメリットとしては古くからある地元の仲介業者に比べてきめ細かな対応に劣ることや、査定額が低くなるケースもあるようです。

 

一方地域密着型の不動産会社の場合は街の不動産屋として地元に精通してるため融通が利きやすいといったメリットがあります。やはり一戸建てを売るとなると様々な不安や心配事が増えてくるため親身になって相談に乗ってくれるところは嬉しいものです。また地元に精通しているぶん、査定額の精度が高く予想売却期間も正確なところが多いです。

 

同地域で探している買い手を紹介できるのも地域密着型不動産ならではです。反対にデメリットとしては、全国に対応しておらず、広い範囲の情報網には欠けるところです。一戸建てを売ることは人生のなかにおいても大きなイベントであるため、地域特性や物件の状態などを考慮しながら仲介業者を選ぶ必要があります。

住宅ローンと一戸建て売却について

 

一戸建て住宅の売却・査定まるわかり!家を高く売却するには?

 

一般的な方の場合では一戸建て住宅を購入する際には住宅ローンを利用した上で購入をしている方が多いものです。一括して支払うだけの貯蓄を持っている方が少ないことになり、長期ローンを利用する方法でお目当てにしている物件を購入することができます。実際に一戸建て住宅を購入された方の中には、一定期間を住み続けた後に住み替えを希望される場合も見られます。家族が増えたことでより一層広い住宅に住み替えすることを行ったり、逆に家族が減ったことでコンパクトなマンションなどへと住み替えを行う方も存在しています。

 

しかし、一戸建て住宅を売る際にはローンの残債が気になる部分になり、ローンが残っている状態で一戸建て住宅を売ることができるのかどうかで悩んでしまう方もいます。この内容では実際には売ることは可能になり、売却を行った後に得ることのできた売却益で残債を一括して返済することが一般的な方法です。一戸建て住宅をローンを利用して購入した際には、支払いが終わるまで抵当権というものが付けられていることになり、売却するには抵当権を外す必要があります。そのため、売却して得た資金で返済する方法でスムーズに住み替えを行うことができますが、正確には残債の状態、住宅を販売する額面などで大きく異なる内容が出てくることになります。

 

例えば残債が3,000万円残っている状態で2,500万円で住宅を売ることができた方のケースでは、残りの500万円を別途用意することが必要です。貯蓄などを行っている方であれば問題なく支払える場合もありますが、そうではない方のケースでは異なる方法を選択することもできます。その中には住み替えローンを利用する方法があります。住み替えローンは新しい住宅のローンを上乗せして利用できる方法になり、当然ながら返済額が増えることになり、審査基準も厳しいものがありますが、利用できる環境にある方ならば、積極的に活用することで念願の新しいマイホームを購入できます。

不動産情報