慣れ親しんだマイホームを売る時にはできるだけ高く売却したいと考えるものです。

 

一戸建て売却における仲介と買取の違いって?

 

しかも一戸建てを売却したいという方は転勤の予定があったり、次に購入する家が決まっていたりと、期限があるケースが多く、できるだけ素早い売却をしたいと考える方も多くいらっしゃいます。

 

このように住まいを売却する場合にはまず不動産業者に依頼するのが一般的です。

 

マイホームを購入する際にはインターネットや雑誌、新聞広告などで自分で物件を探すことから始めるケースが多いのですが、売却の場合は自分で買主を探すのは難しく、専門の不動産業者に依頼するのが確実です。
不動産業者に売却を依頼する際には二つの方法があります。

 

一つは仲介、もう一つは買取です。

 

仲介は一般的にイメージされる売却方法で、実際に購入する買主を探してもらう方法です。
無事に買主が見つかって契約成立した際には不動産業者はあらかじめ決められた手数料を受け取ります。
一方買取は不動産業者が物件を買い取り、その後買主を探すというものです。
この二つの大きな違いは、売却が期限までに確実に行われるかどうかです。

 

仲介の場合にはすぐに買主が現れることもありますが、一方でなかなか売り手が見つからずに売却時期がずれ込んでしまうことがあります。

 

仲介の場合には期限内に販売できずに売主が困ってしまうことがありますが、買取の場合には買主が現れなくてもまず不動産業者が買取をしてくれるので、素早く現金を手に入れることができるのです。

 

そのため転勤等で売却したい期限が決まっている方は買取での売却がいい場合もあります。
一方、仲介の方は不動産業者に仲介手数料を支払いますが、より高額で売却することができるので、家の売価自体は仲介の方が高額で売却できることになります。

 

仲介と買取、どちらの方がいいのかは売主の方の考え方や事情によって変わってきますが、満足できる売却をするためにもあらかじめ知識を持っておく必要があります。