広告活動の種類

 

一戸建て売却の際の仲介業者の販促活動について

 

一戸建て住宅を売りに出す場合には普通は仲介業者として不動産会社にお願いをすることになります。自分で自分の家を売ることができないわけではありませんが、数百万円から数千万円もするような建物を全く見ず知らずの個人から買う人もあまりいないからです。不動産会社に売却をお願いすると、様々な広告手段で自分が所有している一戸建て住宅を紹介してくれます。では、不動産会社にはどのような広告活動あるでしょうか。自分の家がどのような広告媒体に登場するのかも興味がある人も多いと思います。

 

まず、一番オーソドックスなのは新聞折り込みです。新聞折り込みに不動産会社が出している物件がたくさん掲載されたチラシを見たことがある人も多いでしょう。この新聞広告は1枚につき数十円になりますので、1000枚で数万円という計算になります。正確な値段は新聞社によっても異なりますし、またカラーかモノクロか、あるいはA4かB4かによっても異なりますので、はっきりとした値段は各新聞社に問い合わせる必要があります。新聞の折り込みチラシの場合には新聞購読率が高い50代から60代ぐらいの年齢層には届きますが、20代から30代のように新聞購読率が低い家庭では届かないという欠点があります。

 

そこで、不動産会社は20代から30代にも見てもらおうとインターネットのホームページでも物件を紹介しています。これはインターネットが接続できれば無料で見ることができますので、かなりお気軽です。ただし、新聞ほどは不特定多数に届きません。新聞の場合には新聞を購読していれば勝手にチラシも入るため受け身になりますが、インターネットの場合には自分でその不動産会社のホームページを検索して見つけ出さなければならないのです。また、インターネットを日常的にあまりしない50代から60代の世代にはホームページの広告を見る機会はかなり少なくなります。

 

いずれの方法も一長一短ですが、それを補うためにいくつかの方法で様々なタイプの顧客に届くように広告活動をしているのです。