さまざまな費用がかかる

 

一戸建て住宅を売る時に必要な費用の話

 

一戸建ての不動産を売る場合には、さまざまな費用がかかることがありますので、利益だけではなく、そうした支出のほうにも目を向けて準備をしておくことがたいせつです。

 

まず、一戸建て住宅を売るとはいっても、まずは買い取ってきくれそうな人を探すところからはじめなければなりませんが、素人にはそうしたノウハウもなければ人脈もありません。そこで、基本的には特定の不動産業者に仲介を依頼して、買い取ってくれそうな人を探すことになりますが、その際には手数料がかかります。このような不動産業者の手数料については、宅地建物取引業法のような法令で基準が決まっていますので、不当に高くなることはありませんが、それでも一戸建て物件の価格に比例して決まりますので、それなりのコストであることはたしかです。

 

また、一戸建てを住宅ローンによって購入しており、そのローンの返済がまだ残っているという場合、繰り上げて一括返済をして、そのローンにかかわる抵当権を抹消しておかなければなりません。この場合、一括返済で多額の費用がかかるというのはもちろんのことですが、不動産登記を法務局で抹消することになりますので、所定の代金を印紙で国に納めなければならないことになります。

 

さらに、これは場合によって違いますが、一戸建て住宅が建っている土地と、隣接する土地とのあいだの境界がはっきりしていないという場合には、土地の境界を決めるための立ち会いをして、専門の技師に土地の測量図を作成してもらう必要が出てくる可能性もあります。現地に土地の境界標がないような場合には、そのような測量費用なども想定したほうがよいでしょう。

 

めでたく売却となった場合でも、契約書に貼付する収入印紙や、不動産の名義を変更するための登記のための代金が、それぞれかかってきます。このあたりは買主、売主のどちらが負担をするのかを最終的には契約書の上で決めることになりますので、負担しないですむ場合もあり得ます。