住宅ローンの支払滞り・・・。

 

住宅ローン返済ができなくて一戸建て住宅を売却

 

通常一戸建ての家を購入する際には銀行から住宅ローンを組んでお金を借りることになりますが、離婚や退職などの理由で支払いが滞ってしまった場合、現在住んでいる住宅を売却して返済しなければならなくなります。住宅の売却の流れとしては、まず住宅ローンの滞納が始まり、一ヶ月目から督促状と催告書が送られてきます。続いて三ヶ月から六ヶ月そのまま滞納したままでいると期限の利益損失とみなされ、金融機関との間で約束してある、一定期限中にローンを分割返済できる権利が失われてしまいます。同時にお金を貸している金融機関は債権者に残債務(住宅ローンの残り分)の一括返済請求をし、代理で全額返済を受けることになり、このことを代位弁済と呼びます。

 

ここで注意して欲しいのが、この段階で債権者に申請をし、合意を得る事ができれば任意売却という手段が可能になる点で、この機会を逃してしまうと強制的に家は競売に掛けられてしまい、手続きなどは煩わしくありませんが市場価格より低い価格でしか売却できないため、残債務が多く残ってしまいその後の生活に支障がでてくる可能性があります。このため、もしまだ間に合うのであれば、任意売却の申請をすることをおすすめします。

 

この売却方法の利点は、まず市場価格に近い価格で短い期間内でも少しでも高く売れる住宅を売却できる点にあり、残債務を減らすことができますし、債権者側としても回収率が上がるためお互いの負担を軽減することができます。競売に比べると高値で売れるため、引越しの費用をある程度確保できますし、競売手続きに掛かる費用が掛からないため、債権者にとっても多くの利点があります。この方法で住宅を売る場合債権者と話し合う機会がありますが、交渉次第ではそのまま住み続けられる可能性があり、借金も分割返済できる芽があるので、弁護士などに相談を持ちかけてみると良いでしょう。世間の目に触れられないというのも任意売却の特徴で、競売では売却の際裁判所や業界紙に掲載され、現地調査も行われることから近所に知られてしまうため、世間体の事を考えても任意売却を行った方が安心できます。