近所には秘密で売りたい場合

 

一戸建て住宅売却は周りに内緒で実行可能?

 

生活が苦しくなったなどの理由で一戸建て住宅を売りに出したいという場合には、ご近所にはなるべくそのことは秘密にしておきたいものといえます。実際のところ、一戸建て住宅を秘密裏に売ることができるかどうかですが、特有の難しさはあるものの、まったくできないというわけでもありません。

 

このような場合には、売却を相談した不動産業者に対して、秘密にしておきたいという意向をしっかりと伝えておくことが肝心です。

 

不動産業者では、たとえば地域の中で購入物件を探している最中の顧客などに、個別に物件説明を行って仲介をするというかたちになります。不動産の売却情報は、通常であればレインズとよばれる全国ネットのシステムに登録されるため、全国規模での宣伝が可能となるわけですが、秘密を優先させるのであれば、この方法が使えないため、なかなか売却先がみつからなくなってしまうという弊害もあります。

 

また、不動産業者が物件を仲介する方法には法令の定めによるいくつかの方法がありますが、レインズへの登録が義務ではなく、任意となっている方法は、一般媒介契約とよばれるタイプだけとなっていますので、その点でも制約があります。このようなことから、ある程度地域の事情に精通していて、顔が広い不動産業者に仲介を依頼するという、はじめの段階での選択がひじょうに重要になるということができます。

 

また、購入希望の個人に対する仲介としてではなく、不動産業者に直接買い取ってもらうという方法もあり、こちらの場合は、秘密で物事を進めるのにも、かなりやりやすい方法ではあります。

 

ただし、仲介であれば、場合によっては高額で買い取ってくれる人があらわれる可能性があったものの、不動産業者による買い取りでは、建物の劣化具合や間取り、立地条件などに対する査定がきびしくなるため、思ったような価格で売ることができなかったということもありえますので、詳細な見積もりをもらったうえで検討するのがよいでしょう。