日本の離婚率はおよそ35%程度であり、今ではそう珍しいことではなくなっています。

 

離婚が決まり一戸建て住宅売却するというケース

 

そのため、離婚がきっかけとなる不動産の取り扱いに関する問題というのも多くなっており、例えば、一戸建て住宅を購入した後に離婚となってしまった場合、これまで夫婦で住んでいた住宅をどうするのかということは非常に悩ましい問題といえます。

 

多くの場合、離婚が決まったら一戸建て住宅を売ってしまうという選択肢をとる方が多いのですが、この時、注意しなければいけないことがあります。

 

まず住宅ローンが残っている場合は、一戸建て住宅を売却するからといって残りの住宅ローンがなくなるわけではありません。
家を売るためには住宅ローンを全額返済して、抵当権を抹消する必要があります。

 

この時、多くの方が考えるのが家を売った代金で住宅ローンを完済するという方法ですが、一戸建て住宅は居住年数によってどんどん価値が低下していくものですので、売却金額が残りのローンを上回るということは滅多にありません。そのため、ほとんどの場合、不足した額を自分で支払わなければいけなくなるのです。

 

この時、経済的に余裕があれば滞りなく一戸建て住宅の売却手続きを進めることが出来ますが、余裕がない場合は手続きを進めることが難しいため、事前にしっかりと考えておかなければいけません。

 

また一戸建て住宅を購入する際に、夫婦のどちらかが住宅ローンの連帯保証人となっているような場合も問題です。
離婚してもローンの返済が終わるまで保証人としての責任があるため、元配偶者が最後までローンの返済を行ってくれなかった時には代わりに返済をする義務が生じてきます。

 

離婚後も何年もローン完済まで責任がついてまわるのは新たな一歩を踏み出す妨げになることもあるでしょう。
ですので、連帯保証人になっている場合は、離婚前に代わりの連帯保証人を夫婦で探して変更するか、金融機関に連帯保証人からはずしてもらえないのか相談をすることを忘れずに行っておきましょう。