高く売れる一戸建て

 

高く売却しやすい一戸建ての特徴とは?

 

高く売れる一戸建てには良い条件であることがポイントになり、一般的にはアクセス・利便施設・住環境の3つが代表的な高く売ることができる条件といえます。

 

アクセスとは、すなわち立地のことです。住宅を購入するといっても職場を持ってくるわけにはいきません。多くの人は電車や自動車で通勤をしていますが、職場までのアクセスに便利なところほど高く評価されます。特に電車であれば大都市へ乗り換えなしで行けることが高いポイントになります。また最寄り駅が特急や急行、快速などの優等列車が停車する駅ほどプラスになります。道路では国道に近いといったことがポイントになります。

 

一方で利便施設としては、周囲に生活に必要な施設が整っているかどうかがポイントです。買い物ができるお店はもちろんですが、子育てを考える世帯であれば保育所や幼稚園、学校などがあることがポイントになりますし、運動公園などの有無もポイントになります。
最後に住環境が良いという条件は、購入したい人によって変わってきます。

 

日当たりが良く閑静な住宅街がもっとも理想といえます。また一戸建ての建物の良し悪しも影響してきます。住環境が多少悪くても建物を工夫することで、カバーすることができます。いずれにしてもアクセス・利便性・住環境の3つが家を売るさいの価格に大きく左右します。

 

一方で建物そのものも価格に反映されます。特にメンテナンスをしっかりと行っており、居住するのに問題がないことが大前提になります。特に大規模な修繕が必要な場合にはその分の費用のこともありマイナスに評価されます。また見た目の良さもポイントになりますが、特に玄関や庭などの出来栄えは買いたい人に与える印象が大きく左右されます。

 

いずれにしても丁寧にメンテナンスをしてあり、すぐにでもそこで生活できる建物であれば高く売れるチャンスは大きくなりますが、それらが整っていない場合には良い条件であってもマイナスに評価される傾向にあります。