マイホームを売る時、まず連絡をとる必要があるのが不動産業者です。

 

一戸建て住宅売却時の不動産業者の担当者について

 

一戸建てを購入する際はまず自分でインターネットや新聞広告などで物件探しをすることができますが、売却に関しては不動産業者に査定してもらい、売却価格を決めて、買主を探してもらう必要があるのです。

 

この時、不動産業者の手腕によって売却がスムーズに行くか、納得のいく売価で売却できるかなど、マイホーム売却の成功が大きく左右されます。

 

注意したい担当者は売却価格を高額に設定して、売主を喜ばせようとする担当者です。
売主はできるだけ愛着のあるマイホームを高く売りたいと考えているものですが、家の査定価格をあまりに高く見積もってしまい、それに売却価格を合わせると物件がなかなか売れないというケースに陥ってしまいます。

 

マイホームの売却に関しては転勤や進学などさまざまな事情で多くの方が希望する期限があり、なかなか売却されない期間が長くなってしまうと売主にとっても不利になってしまいます。

 

結局買い叩かれて予想以上に低い売却価格になってしまうこともありえますので、近隣相場と照らし合わせたり適正価格での査定や売価設定をしてくれる不動産業者を選びましょう。
また不動産業者にはそれぞれ得意分野があります。

 

マンションなどの集合住宅が得意な不動産業者、賃貸専門の業者、一戸建て物件を多く取り扱っている業者もありますので一戸建て物件を多く取り扱っている実績のある業者を選ぶことも大事です。
次に購入したい家が決まっているならば、その物件を取り扱っている業者に売却を依頼するのも資金繰りがスムーズに行く良い方法です。

 

また不動産業者との契約は複数の不動産業者と契約する一般媒介契約、一社の業者とのみ契約する専属媒介契約などさまざまなものがありますので、自分にあった不動産契約を選び、スムーズな売却をすることが大切です。
こうした不動産業者選びでマイホームの売却の満足度が大きく変わってくることになります。